中高年シニアのみらくる仙人がパソコンとブログを使って、現代版錬金術の中でもっとも効率が良いと噂されるアフィリエイトや情報起業に関する情報をお知らせします。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サムスダイエットプログラムDVD お菓子を毎日食べながらスッキリ痩せる方法 特別付録【3秒で痩せる方法】


クライアントがうつむきながら、ぼそぼそとした声で話し始めた。

「最近わたし、鏡の前に立つのが、怖いんです」
「怖い?」

「えぇ、鏡に自分の姿が映ると思うと…これでも10代後半までは
 痩せてたんですよ。でも、20代後半から急に太りだして、
 じりじり体重が増えてきたんです」


「なるほど」


「昔は自信があったんです。職場でも、ちやほやされていたし、
 今より明るくて、悩みもなかったんです。でも…」

相談に来た彼女はそう言うとうつむいた。


「でも?」


「はい。でも、痩せてはリバウンドして、さらに太って、自分を
 コントロールできずに、少しずつ自分が信じられなくなって
 しまって…」


「なるほど」


「人前では、必要以上に明るく振舞って、無理して演技ばっかりしているんです。何やってるんだろ?って。


自分のことが嫌いになっています。
わたし、本気で痩せたいんです。
いったいどうしたらいいんでしょう?」



「これから少し変な話をします。もしかしたら信じられないかも
しれません。2年前の太った僕でも正直信じられないとおもいます。

ところで…、柏原さん。
パラシュートなしでグランドキャニオンの谷底に飛び込むくらいの
覚悟はありますか?」


「ぇ?えッ?グラ、グランドキャニオン…?」


「ははは、谷底にダイビングするほどの”ダイエットを
 成功させるんだという覚悟”はありますか?」


「はいッ!もちろんです!」


「では、お話します。これから言うことをこれから行ってください」


30分後、彼女は僕の話にイライラしていました。
眉間にしわをよせ、目の端が小刻みに震えていました。
あからさまに疑いの目で私を見ている。


私の頬に彼女の視線が痛いほど突き刺さる。

(うぅ、話づらいな~。なんでこんなに不機嫌そうなんだ?
 何か悪いこと言ったかな?早く帰りたい。)


話している最中、ずっとそんなことばかり考えていました。
「…それでですね。夕食のメニューは…をメインにしてください。」


「ふざけんじゃないわよ!」


「・・・・・・・・・?」
「・・・・・・・・・・・・!」


いますぐ手に入れるにはこちらをクリック
サムスダイエットプログラムDVD お菓子を毎日食べながらスッキリ痩せる方法 特別付録【3秒で痩せる方法】



彼女の突然の怒鳴り声で、部屋の中を生暖かい嫌な沈黙が包む。
つーっと、僕の頬を冷や汗が流れ落ちる。


「あ、いぇ、ごめんなさい。
あの、その。つい感情的になってしまいました。


でも、そんなことでホントに痩せるんですか?
冗談はいいから早く本当に痩せる方法を教えてください」


「ははは、はじめはみんなそう言います。でも、これしかないんです。 冗談なんかじゃありません。
 今日帰ったら、さっそく実践してください」


「・・・・・・」


ぶすっとした表情で、彼女は帰っていきました。


とうとう最後まで僕の話を信じられなかったようで…
僕は彼女が立ち去る後姿を呆然と見送るしかありませんでした。


そして、この後彼女から衝撃的なメールをもらうとは、
まったく想定外でした。


(体験その2)



トゥルゥゥルルゥーーー。  
トゥルゥゥルルゥーーー。


11月31日、深夜0時。
突然、携帯電話が鳴った。

「・・・・・・・・・も、もしもし、ほうじょうです」
「横山です。こんばんわ。」


クライアントからの電話だった。

「・・・・・・・・・・。横山さん。お久しぶりですぅ」

「起きてる?」
「・・・・・・・・」

「起・き・て・る?!」
「え?あ、はい。10秒前まで夢の中でした。」


「北條先生、急ぎなんですがよろしい?」
「どうしたんです?こんな夜遅くに…」


「いま、ラスベガスにいるんだけど、明日、パーティーに
 出なくちゃいけないの。でも、日本から持って行ったドレスが
 入らないの」

「なるほど」


「でも、このドレスをどうしても着なくちゃいけないの。
 どうしたらいい?」


「パーティーはいつからですか?」


「明日の5時から。」


「え?明日の5時…アメリカ時間ですよね?」
「そー!」


「そうなんですか。えっと、時差で計算すると…

え~!!!
もう24時間、切ってるじゃないですか!」


「どうしたらいい?何かいい方法ない?」
「うーん。」

(10秒の沈黙)

「短期間でやせるのは、あまりおすすめしませんが
 今から言うことをやってください」

(10分間説明)

「このゆっくりした運動で、できるだけ代謝をアップさせましょう。
 これでドレスが入るはずです。」

「わかったー!じゃ、おやすみなさーい。じゃあねー」


(プ、ツー、ツー、ツー、ツー)


突然起こされて意識がもうろうとしていましたが、
超短期の代謝アップの方法を伝授しました。

1週間後。

横山さんからエアメールが届きました。
ラスベガスのあとに寄ったグランドキャニオンの絵葉書でした。

そこには、短くこう書いてありました。

『日本とアメリカ電話で少しアドバイスを受けただけなのに
(きつかった)ドレスが簡単に着れてしまった。バンザイ』

え?入ったんだ…。


アドバイスをした僕自身、信じられない結果でした。

予想以上の結果にニヤニヤ笑いを通り越して、
苦笑いしてしまいました。

ここまで効果が出るとは…

彼女は今でも笑顔で元気満々に世界中を飛び回っています。


サムスダイエットプログラムDVD お菓子を毎日食べながらスッキリ痩せる方法 特別付録【3秒で痩せる方法】




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。